MENU

Institute of Engineering Innovation, School of Engineering, the University of Tokyo ENGLISH

ナノ工学研究センター

結晶界面工学研究室

当研究室では,主にセラミック材料を対象に,最先端透過電子顕微鏡法と理論計算を高度に融合して,材料機能発現機構の解明,新材料設計指針の確立,さらにこれらに基づいた新機能材料の創出に関する研究を進めています

メンバー:

  • 幾原 雄一・教授
    結晶界面工学、先端透過電子顕微鏡法、セラミックス材料
  • 栃木 栄太・助教(超高圧電子顕微鏡室)
    電子顕微鏡学、結晶材料の変形・破壊
  • 川原 一晃・助教
    表面・界面構造解析

大矢研究室

本研究室では、電子のもつ「電荷」の自由度に加えて、今まで利用されてこなかった「スピン」自由度を現在のエレクトロニクスに付加することにより、新たな次世代のデバイスの実現を目指しています。特に、電流に比べエネルギー損失の極めて小さな「スピン流」を利用することなどにより、超低消費電力の新たなエレクトロニクス素子の実現を目指しています。研究対象は、半導体、強磁性体、酸化物、トポロジカル絶縁体などにより構成されたオールエピタキシャル単結晶の人工多層膜構造で、これらの薄膜を、分子線エピタキシー法により原子レベルで制御して作製しています。高品質な単結晶多層膜ではスピンの散乱が大きく抑えられるため、スピンに関連した現象のより本質的な物理に焦点を当てることができます。また、このような材料系は、デバイス応用可能な新奇物理現象を探索しやすいのも特徴です。このようにして得られた様々な新しい物理現象を応用して、新しいデバイスの実現を目指しています。

メンバー:

  • 大矢 忍・准教授
    スピントロニクス
  • レ デゥック アイン・助教
    スピントロニクス

東京大学・日本電子産学連携室

東京大学・日本電子産学連携室は、東京大学大学院工学系研究科と日本電子株式会社により、電子顕微鏡を中心とした先端計測技術を用いた連携研究、およびその技術を国内外へ広く普及することを目的として2005年6月に設立されました。先端計測技術の普及に産学連携は欠かせない時代となっています。本連携室では、東京大学大学院工学系研究科総合研究機構が長年培い蓄積してきた研究成果および最先端電子顕微鏡設備・技術を基盤とした研究ノウハウと、日本電子の電子顕微鏡応用技術・機器へのサポート力を結集し、特に最先端電子顕微鏡の装置開発、共同研究および各種プロジェクトの推進、ナノ計測拠点運営、セミナーの開催を通して、科学技術振興、地域社会・国際社会への貢献を目指した新しいタイプの産学連携に取り組んで参ります。

メンバー:

  • 幾原 雄一・室長(兼務)
  • 高野 清・副室長
  • 斎藤 光浩・副室長
  • 熊本 明仁・卓越研究員
〒113-8656 東京都文京区弥生2-11-16
ACCESS

Copyright © Institute of Engineering Innovation, School of Engineering, the University of Tokyo. All rights reserved.